トップページ > 拝観案内

拝観案内

平成29年11月26日 拝観のご案内

DSCF2344.jpg

DSCF2334.jpg

いよいよライトアップの最終日となりました。

11/4より行われていました紅葉の夜間ライトアップは、本日11/26をもって終了となります。光を透かして輝く紅葉が見られるのは、本日まで!どうぞご参拝ください。

 

◆標月亭お抹茶席

秋の庭園特別公開(お抹茶席)も、本日までとなります。一杯のお抹茶とともにお庭を眺める、ゆったりとしたひとときをどうぞ。お一人500円です。

 

◆参拝時間のご案内

11/30までは、8:00 - 17:00 となります。

12/1よりは、通常時間 9:00 - 16:00 となります。

ご注意ください。

 

 

平成29年11月17日 紅葉情報

DSCN4576.jpg

鐘楼

 

DSCN4559.jpg

表参道

 

DSCN4570.jpg

山門

 

DSCN4581.jpg

表参道夕景

 

DSCF2315.jpg

表参道

 

DSCF2301.jpg

総門

 

DSCF2274.jpg

開山堂前

 

DSCF2233.jpg

総門

 

DSCF2263.jpg

山門から表参道

 

DSCF2261.jpg

山門

 

紅葉は今ピークを迎えています。早いものは落葉をはじめており、以降は下り坂となってゆくでしょう。

今日、11/17金曜日は、穏やかな晴れの日となりました。青空に映えるモミジが美しいです。午後三時ごろ、傾いてきた陽光に照らしだされる夕紅葉は、思わず立ち止まってカメラを向けたくなってしまいます。

しかし、天気予報によれば明日は雨の模様で、大変残念です。雨は夜には止むようですので、ライトアップに期待したいところ。

 

ミニライブ

18日、19日には、ライトアップイベントとして、境内ミニライブが予定されています。

18日は 「はなちゃんず」 による、よし笛の演奏

19日は ブルーグラスサウンド 「GYK 元祖吉田兄弟」

時刻はいずれも17:30から。

ライブの参観は無料(入山の志納料のみ必要)です。

 

特別ガイド見学

好評を頂いている特別ガイド見学は 11/19まで。

地元ガイドさんの案内で境内を巡拝するツアー、コースには一般非公開山門楼上井伊家墓所が含まれています。

ツアーは一日3回、11:00、13:00、15:00

参加費はお一人1000円 (ガイド料・志納料含む)

募集とお申込みは門前の観光案内所まで。(境内での受付はできませんのでご注意ください

 

・含空院庭園の特別公開(標月亭お抹茶席)

奥庭の特別拝観です。お菓子・お抹茶つき。

昭和初期の佇まいを残す客殿「標月亭」から、隣接する含空院(住職の居処)のお庭をご覧いただけます。

愛知川峡谷の懸崖上に作られた苔庭は、サツキの刈り込みを配した築山の奥に、さらに鈴鹿山脈を借景とした雄大な風景。

一杯のお抹茶とともに暮れゆく秋をご堪能ください。

拝観料はお一人500円

11/26まで

 

・境内麺処 「音無瀬」

うどん・そば・ぜんざい・甘酒などの軽食。

ぜんざいや、地元東近江産のゆず茶、とうがらし(一味)が大人気。

11/26まで

 

どうぞふるってご参拝ください。

(夜間は冷え込みますので、厚着でおこしください)

DSCN4448.jpg

表参道(11/13午後)

 

DSCN4408.jpg

裏参道付近(11/13午前中)

 

 

数日の間にモミジはみるみる色づき、見頃となってまいりました。

全国的に今年の紅葉は早いようです。

木によってはすでに葉を散らし始めたものもあり、おそらく来週(三週目)あたりが見頃の盛りではないかと思います。

雨が降ればすぐに落ちてしまうモミジの葉、天候が安定してくれることを祈るばかりです。

 

以下のサイトに画像を更新しています。

https://sites.google.com/a/research-eigenji.mygbiz.com/resaerch-eigenji/

 

 

特別ガイド見学

11/11(土) より 11/19(日)まで、観光協会によりガイド見学が催行されています。

地元ガイドさんの案内で境内を散策、コースには楼上直興公墓所など、非公開の場所も含まれています。

ツアーは一日三回、11時・13時・15時スタートいたします。

参加費は1000円(参拝拝志納料、見学費、ガイド料含)です。

お申込みは、永源寺門前観光案内所で。

 *通常の料金所(総門)とは場所が異なります。お寺に入山されてからの受付はできませんので、ご注意下さい。

お問い合わせ:0748-27-2020(門前観光案内所)

 

 DSCN4437.jpg

山門上から表参道(11/13)

平成29年11月2日 モミジの状況

DSCN4384.jpgDSCN4402.jpgDSCN4371.jpg

 

連日の冷え込みで、モミジは日増しに色づいていますが、全体を通しては、まだ色づきはじめと言ったところでしょうか。

ただ、年を追うごとに紅葉期が早まっているのも事実です。

10年ほど前は、色づき始めは11月中頃、落葉が12月初旬でしたが、近年は11月初旬には紅葉が始まり、12月を待たず落葉してしまいます。

 

さて、まだ青葉の多い境内ですが、ところどころ見事に色づいており、紅と緑のコントラストが見事です。まだお客さんも少ないので、写真なども撮りやすいと思います。

11/3より、例年通り「含空院庭園 特別公開」を行います。鈴鹿の山々を借景に取り入れた奥庭の景観を、一杯のお抹茶とともにお楽しみ下さい。拝観料はお一人500円(お茶席券)です。

11/4より、ライトアップ。11/26まで行います。4日 17:30より本堂前にて点灯式、鈴鹿壱番太鼓や、小倉あいさんによる琴の演奏などがあります。

 

境内の画像を以下にアップロードしてゆきます。

https://sites.google.com/a/research-eigenji.mygbiz.com/resaerch-eigenji/

 

 

 

・入山時間拡大

 11/1(木) から 11/30(木) まで

    8:00 ― 17:00 (通常9:00―16:00)

 

 ・紅葉ライトアップ

 11/4(土) から 11/26(日) まで

  17:00 ― 20:30(20:30 消灯・閉門)

  時間帯移行時の入れ替え(追加料金)はありませんので、日中から引き続きお楽しみいただけます。

 ※11/4 は点灯セレモニーを予定しております。

 

 ・ボランティアガイド

地域のボランティアの方による境内案内。門前から寺奥まで、詳しい説明とともにゆったりと散策していただけます。さまざまな豆知識など、お寺の和尚さんも知らない話が――

予約制となっておりますので、必ず事前にご連絡と打ち合わせをお願いします

  代表:木村与志雄(携帯090-9091-7599)

 

 

―期間イベントなど―

 

・含空院庭園 特別公開 (標月亭お抹茶席) 

歴代住職の住い含空院(がんくういん)の前庭を、隣接する客殿よりお楽しみいただけます。

(お抹茶・お菓子つき)

  11/3 ― 11/26 9:00 ― 17:00
  拝観料:「お茶席券」1人500円

 

 ・境内麺処 音無瀬(おとなせ)

饂飩、そば、ぜんざいなどの軽食。

永源寺こんにゃくを使った串こんや、手作り味噌でいただくふろふき大根も人気です。

  11/4 ― 11/26 10:00 ― 20:00

 

・ライトアップイベント

 11/4  17:00 点灯式 ・鈴鹿一番太鼓 ・琴演奏小倉あい
 (主催:永源寺地区まちづくり協議会)

 11/14 17:00 世界糖尿病予防デー・ブルーライトアップ
 (主催:株式会社ソシア、永源寺マルベリー)

 11/18 17:30 ともしびミニライブ
  よし笛演奏 はなちゃんず

 11/19 17:30 ともしびミニライブ
  ブルーグラスサウンド GYK元祖吉田兄弟

  (主催:永源寺地区まちづくり協議会)

 

 坐禅体験(ライトアップ期間限定)

 11/4、5、11、12、18、19、23、25、26(土日祝)
 18:00 より 40分程度

 参加費:500円(17:00 より受付)

 

夜間お出かけの際は、暖かい格好でおこしください。

 

 

 

DSCN4179.jpg

 

特設サイトURL

https://sites.google.com/a/research-eigenji.mygbiz.com/resaerch-eigenji/

 

春たけなわとなり、永源寺のモミジも新芽をつけてきました。うららかな日射しの下、静かな境内に新緑の緑が目に鮮やかです。

黄緑色の小さな葉は、次第に大きく、色も濃くなり、やがて夏の深い緑に変化してゆきます。このゴールデン・ウィーク期間には、日に日にうつりかわる色合いを楽しむことができるでしょう。

 

開山寂室禅師奉賛茶会

5月14日〈日)には、【開山寂室禅師 奉賛茶会(かいさんじゃくしつぜんじ ほうさんちゃかい)を開催いたします。

当山のご開山、寂室禅師(じゃくしつぜんじ)のお誕生日、5月15日にあわせて開催している当会は、今年で43回目を迎えます。

当日は、境内各所において、表千家、裏千家、遠州流、煎茶道泰山流、瑞石会番茶席などが開かれ、お茶を楽しむことが出来ます。

〈献茶式〉

11:00よりは、本堂で献茶式が行われ、開山さまに一服のお茶がお供えされます。式のお点前をつとめられるのは、表千家の猶有斎(ゆうゆうさい) 千宗員(せんの そういん)若宗匠です。

お茶席の入場には、茶席券が必要となります。お問合わせは永源寺まで。

 

DSCN3946.jpg

10年ほど以前、境内は12月初・中旬まで紅葉に彩られていたものですが、5年ほど前から落葉期が早まり、近年では、12月まで葉を付けている木は、たいへん少なくなってしまいました。

今年も、ここ2、3日でかなり落葉が進みました。昨年と比べても、数日は早いかと思います。すっかり見通しが良くなった境内ですが、しかし、まだまだ見所は残っています。

特に、お茶席が開かれている標月亭(含空院庭園)のモミジは紅葉が遅く、今ようやく見頃となってきたところです。お茶席(お一人500円)は 11/27 まで開設しています。

また、世継観音御開帳、井伊家霊廟公開、紅葉ライトアップ、共に 11/27 まで催行いたします。

本年の見納め、どうぞ永源寺へお参り下さい。

 

 

DSCN3950.jpg

 開山堂前

 

 

DSCN3981.jpg

 

DSCN3954.jpg

標月亭(含空院庭園)

 

・世継観音御開帳

子授けの観音さまとして親しまれている、本尊秘仏観世音菩薩。

平成元年以来、28年ぶりとなる御開帳は、連日大勢の方々にお参りをいただいています。

江戸期には、各地に出開帳を行ったという記録もありますが、近年は大きな行事に併せての開帳のみ。次回はまだまだ先の話となります。

11/27 まで、残す所あと三日、どうぞこの機を逃さず、ご参拝下さい。

  

DSCN3983.jpg

_DSF1876.jpg

山の天気は移ろいやすく、なかなか安定しません。

美しい彩りのモミジも、雨が降ると瞬く間に散ってしまいます。

永源寺の紅葉は落葉期に入り、色づきの早い木から葉を落とし始めています。

 

今年の観楓期もあと少しとなりました。

・本尊世継観音御開帳

・井伊家霊廟特別公開

・含空院庭園特別公開(お茶席)

・紅葉ライトアップ(夜間のご参拝)

いずれも、今月末の日曜日 11/27 までとなります。

どちら様に於かれましても、どうぞお早いご参拝をお勧めいたします。

 

 

 

_DSF1870.jpg

_DSF1879.jpg

_DSF1880.jpg

_DSF1882.jpg

_DSF1886.jpg

H28.11.14 紅葉の状況 (見頃)

DSCN3824.jpg

境内は紅に染まりました。

永源寺のモミジは、今一番の見頃をむかえています。

 

DSCN3806.jpg

DSCN3816.jpg

DSCN3819.jpg

DSCN3834.jpg

DSCN3853.jpg

DSCN3863.jpg

DSCN3875.jpg

H28.11.11 紅葉の状況 (見頃)

DSCN3779.jpg

連日冷え込みが続き、永源寺の紅葉は日に日に色づきを増しており、すでに十分見頃にさしかかっています。

今週末から来週にかけてが、最も美しい頃かと思います。

 

DSCN3769.jpg

DSCN3784.jpg

DSCN3789.jpg

DSCN3787.jpg

DSCN3799.jpg

 

 

◆世継観音御開帳

本年は、開山正燈国師650年遠諱をむかえ、11/27までの間、本尊の御開帳を行っています。実に28年ぶりの開帳となります。

DSCN3801.jpg

DSCN3803.jpg

 正面のお厨子の中におられる観音坐像の頭の上、丸い窓の中に一寸五分ほどの小さな観音像が納められています。

その小さな像が、開山 正燈国師が永源寺山中で見つけ、寺にお迎えされた霊像と伝えられています。

特に世継ぎ、子授けに大きな霊験があり、近年も、お礼参りにこられる方は、枚挙に暇がないほどであります。

 

 

 

◆井伊直興公墓所 公開

御開帳に併せ、今年300回忌を迎える、彦根藩4代目藩主 井伊直興公の墓所も特別に公開しています。

場所は、表看門(料金所)の手前、左側の石段を登り、地蔵尊を通り過ぎた所です。(入山料、拝観料ともに要りません)

DSCN3775.jpg

DSCN3776.jpg

DSCN3777.jpg

入って手前右側が直興公の墓塔です。奥は公の側室の塔です。