トップページ > 拝観案内

拝観案内

台湾での禅学思想史ワークショップ

台湾中央研究院での禅学思想史ワークショップについて 

昨年の12月13日に台湾の中央研究院で行われた禅学思想史のワークショップで、永源寺の歴史と観光の紹介発表をさせて頂きました。今回、私を台湾に呼んで下さった中央研究院の廖肇亨先生と発表に協力して頂いた大学関係者の皆様、急きょ私の発表の通訳まで引き受けて下さった花園大学国際禅学研究所の柳幹康先生には深甚の謝意を申し上げます。台湾の若い研究者の方々のご発表やお話が伺えた事は、本当に良い勉強になりました。これを機会に永源寺や日本の仏教の魅力を、もっと多くの国の皆様にお伝えできるよう精進して参りたいとお思います。

 

80116199_152671746140902_7960502904228413440_o.jpg

 

 

79444954_152671769474233_247206257289592832_o.jpg

 

 

79644970_152659386142138_8422113525207400448_o.jpg

 

 

79489349_153233739418036_4034724850894372864_o.jpg

 

 

79430808_153233682751375_1911917989033148416_o.jpg

 

80364551_152659519475458_8627304329348382720_o.jpg

 

79281019_153233782751365_7643325024027279360_o.jpg

 

 

 

 

晩秋を迎えた鈴鹿の山々が、いつもの静寂に包まれて参りました。今年のライトアップ(20時30分閉門)は、12月1日をもちまして無事終了となりました。それに伴い永源寺の拝観時間は、平常通り午前9時から午後16時までとなります。お間違えなさりませんよう宜しくお願い申し上げます。

同じく観楓期間の終了に伴い、『標月亭』抹茶席と『音無瀬』の営業も終了致しました。たくさんの方のご来店を賜り、誠に有り難うございました。

紅葉が始まりました。

本日11月9日(土)は快晴の行楽日和です。放射冷却で夜の冷え込みが強くなり、日に日に色づきが進んでまいりました。

まだ紅葉の盛りとはいきませんが、彩り鮮やかな永源寺にどうぞお越し下さい。

特設サイト: https://sites.google.com/a/research-eigenji.mygbiz.com/resaerch-eigenji/

でも情報を公開しております。ぜひご利用下さい。


 

P1280713.JPG

 

 

P1280724.JPG

 

 

P1280726.JPGのサムネール画像

 

 

 

観楓期の紅葉情報更新について

 

今年度より新たにfacebookや特設サイトでも観楓の情報発信して参ります。

 

特設サイト  :https://sites.google.com/a/research-eigenji.mygbiz.com/resaerch-eigenji/

 

facebookページ:https://www.facebook.com/eigenji.sightseeing/?modal=admin_todo_tour

ぜひご利用ください。皆様の投稿もお待ちしております。

* 個別の投稿には返信の対応をしておりません。あしからずご了承ください。

 

20191014095402087.jpg

 

 

 

20191014100605449.jpg

 

 

 

P1280363.jpgのサムネール画像

 

 

このたび葺屋根工事 「葭留」の竹田勝博氏より寄贈して頂いた 画家 ブライアン・ウィリアムズ氏の『秋光』を、永源寺本堂に上掲させて頂きました。独自の「曲面絵画」によって描かれた秋の永源寺の風景は、見る人が一歩足を踏み入れた途端、絵画の中の空気感までもが本堂に溶け込んでいくような、不思議な印象を与えます。是非多くの方にご覧頂ければと思います。


詳しくは  https://sites.google.com/a/research-eigenji.mygbiz.com/resaerch-eigenji/ 『秋光』、

又はhttps://www.facebook.com/eigenji.sightseeing/?modal=admin_todo_tourを参照して下さい。

11月ライトアップについてのご案内

 

H3011lusanmon.jpg

 

 

本年の紅葉ライトアップは、下記の日程で開催いたします。

 

 

【期間】

令和元年11月2日(土) より 12月1日(日) まで


【時間】

17:00 より 20:30 まで

20:30 消灯、閉門 *ぎりぎりの入場はご遠慮ください)


また、同期間内は参拝時間を 8:00 から 20:30 に拡大します。


【ライトアップイベント】

11/2(土) 点灯式 17:00より

(主催:永源寺地区まちづくり協議会)


11/14(木) ブルーライトアップ・世界糖尿病予防デー

(主催:株式会社ソシア、永源寺マルベリー)


11/16(土) ともしびミニライブ

11/17(日) ともしびミニライブ

(主催:永源寺地区まちづくり協議会)

 


・体験坐禅会

ライトアップ期間中の土、日曜日

17:00受付

18:00より(40分程度)

参加費:一人500円 ※参拝志納料(拝観料)とは別途必要




※山間部のため夜間はたいへん冷え込みます。お出かけの際は暖かくしてお越しください。

今年は元号が平成から令和へと改元された事を記念し、11月の観楓期間中に東福門院御製の馬郎婦観音の特別公開を行います。

詳しくは  https://sites.google.com/a/research-eigenji.mygbiz.com/resaerch-eigenji/ を参照してください。

◎ 今年のテーマ

戦乱の世から太平の世へ 女性の祈りと観音信仰

令和改元を記念して、永源寺の什宝から朝廷所縁の所蔵品を特別に公開する。

 

◎     出展予定リスト

1.馬郎婦観音像

東福門院が自ら作り、頭髪を切って像に植えたと伝える。

一絲文守の存命中より下賜を約束していたが、示寂後の

明暦3年(1657)に寄進される。

徳川和子は後水尾天皇中宮で、徳川秀忠と江の間に生まれ

元和6年(1620)に入内した。

 

P1010668.jpg

 

寂室禅師奉賛茶会(じゃくしつぜんじ ほうさんちゃかい) 10:00 - 15:00

 https://sites.google.com/a/research-eigenji.mygbiz.com/resaerch-eigenji/

 

奉賛茶会は、永源寺を開かれた 開山 寂室禅師のご生誕日 5月15日を賛えて行われる祭典で、毎年5月15日に近い日曜日に開かれています。

 

 

 

本年令和元年のお茶会は5月12日(日)です。

 

 

 

 

11時より献茶式(けんちゃしき)が行なわれ、大方丈に於いて、開山さまの真前にお茶が奉納されます。

 

 

 

また、境内の建物各所において、表千家・裏千家・遠州流 及び 煎茶道泰山流の協賛各席による「お茶席」が開かれます。法堂(はっとう)においては、番茶のふるまい席が設けられます。

 

 

 

 

いずれの席も「お茶席券」をお持ちの方は、自由にご参加いただけます。

 

 

 

 

茶席券のお問い合わせなどは、

 

 

永源寺寺務所 Tel.0748-27-0016まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寂室禅師奉賛茶会のお知らせ

寂室禅師奉賛茶会(じゃくしつぜんじ ほうさんちゃかい) 10:00 - 15:00

 https://sites.google.com/a/research-eigenji.mygbiz.com/resaerch-eigenji/

 

奉賛茶会は、永源寺を開かれた 開山 寂室禅師のご生誕日 5月15日を賛えて行われる祭典で、毎年5月15日に近い日曜日に開かれています。

 

 

 

本年令和元年のお茶会は5月12日(日)です。

 

 

 

 

11時より献茶式(けんちゃしき)が行なわれ、大方丈に於いて、開山さまの真前にお茶が奉納されます。

 

 

 

また、境内の建物各所において、表千家・裏千家・遠州流 及び 煎茶道泰山流の協賛各席による「お茶席」が開かれます。法堂(はっとう)においては、番茶のふるまい席が設けられます。

 

 

 

 

いずれの席も「お茶席券」をお持ちの方は、自由にご参加いただけます。

 

 

 

 

茶席券のお問い合わせなどは、

 

 

永源寺寺務所 Tel.0748-27-0016まで。

 

 

 

 

本年度の観楓期は、下記のとおり実施いたします。

 

・入山時間の変更

10/27(土) から 10/31(水)        9:00 17:00

11/ 1(木) から 11/ 2(金)           8:00 17:00

11/ 3(土) から 11/30(金)          8:00 20:30 (ライトアップ期間)

12/ 1(土) から 12/ 2(日)            8:00 16:00

12/ 3(月) 以降 通常参拝時間        9:00 16:00

  

 

 ・紅葉ライトアップ

 11/3(土) から 11/30(金) まで

 17:00 ― 20:30消灯・閉門) ※ぎりぎりの入場はご遠慮ください。

 昼―夜の入れ替え(志納料の追加徴収)はありません。

 ※11/3 は点灯セレモニーを予定しております。

 lightup3.jpg

 

 ・ボランティアガイド

地域ボランティアの方々による案内つきの境内参拝。説明を聞きながらの、ゆったりとした散策です。さまざまな豆知識には、お寺の和尚さんも知らない話が――

予約制となっておりますので、必ず事前にご連絡と打ち合わせをお願いします。

  代表:木村与志雄(携帯090-9091-7599)

 

 

―期間イベントなど―

 

・含空院庭園 特別公開 (標月亭お抹茶席) 

歴代住職の住居である「含空院(がんくういん)の前庭を、隣接する客殿よりお楽しみいただけます。

(お抹茶・お菓子つき)

  11/3 ― 11/28 9:00 ― 17:00
  拝観料:「お茶席券」1人500円(参拝志納料とは別途必要)

 

 ・境内麺処 音無瀬(おとなせ)

饂飩、そば、ぜんざいなどの軽食。

永源寺こんにゃくを使った串こんや、手作り味噌でいただくふろふき大根も人気です。

  11/3 ― 11/30 10:00 ― 20:00

 

・ライトアップイベント

 11/3  17:00 点灯式
 (主催:永源寺地区まちづくり協議会)

 11/14 17:00 世界糖尿病デー ブルー・ライトアップ

 (主催:永源寺マルベリー)

 11/17 17:30 ともしびミニライブ
 

 (主催:永源寺地区まちづくり協議会)

 11/18 17:30 ともしびミニライブ
  

  (主催:永源寺地区まちづくり協議会)

 

 坐禅体験(ライトアップ期間限定)

 11/3、4、10、11、17、18、23、24、25(土日祝)
 18:00 より 40分程度

 参加費:500円(17:00 より本堂横「朱印所」にて受付)

 

夜間お出かけの際は、暖かい格好でおこしください。

 

 

 ・ガイド付き特別拝観『井伊家霊廟・甲冑・山門楼上』

東近江市観光協会の主催により、1日3回の特別見学コースが実施されます。彦根藩四代藩主 井伊直興公の墓所、山門楼上の拝観、本年永源寺の土蔵より発見された井伊直滋(なおしげ=彦根藩二代藩主 井伊直孝の長男)のものと思われる赤備えの甲冑など、通常非公開の場所を特別に拝観できます。

11/10 ― 11/25

11:00・13:00・15:00の1日3回

拝観料:1,000円(参拝志納料含む)

 

受付・お問い合わせ永源寺観光案内所 Tel.0748-27-2020

 ※境内入場後の受付はできません。必ず門前の案内所で受付をお願いします。

 

118540.jpg

井伊家霊廟

 

  

  3610.jpg

山門楼上

 

 

 

114613.JPG

甲冑

https://sites.google.com/a/research-eigenji.mygbiz.com/resaerch-eigenji/

彦根藩井伊直滋公甲冑の特別公開について 

 

 

参拝料金など

・参拝志納料

 ご参拝の方は、総門受付にて参拝志納料をお納めください。

 大人(高校生以上)1人 500円

  中学生以下の方、障がい者手帳ご提示の方は 無料

  団体料金 (20名以上)、450円

※上記の『ガイド付き特別拝観』は、総門ではなく観光案内所にて受付になります。お間違えの無いようにお願いいたします。

  

・足のお悪い方のご参拝について

当山は山寺のため、石段や上がり段などが各所にあります。また、表参道には長い石段があり通行困難です。

永源寺には裏参道があり、こちらは業者・従業員出入りのため境内まで300メートルほどの坂道となっていますので、車いす等の方はこちらよりご参拝ください。(車での進入はご遠慮ください)

  

・駐車場

 国道421号線、旦度橋周辺(門前)に、民間の有料駐車場が開設されます。

 料金は、普通車500円、大型バス2,000円程度とのことです。係員の指示に従い、歩行者に気をつけてご利用ください。

    eigenji-tizu00.jpg

・境内でのお願い

庭への立ち入り、苔の上に乗ることなどはご遠慮ください。

鐘や木魚を鳴らしたり、仏具に触れないでください。

おみくじや御札は、各自お持ち帰りください。(境内樹木には結ばないでください)

カメラ撮影の際、境内での三脚使用はご遠慮ください。

ペットをお連れの方は、抱いてご参拝ください。

帽子や小銭入れなど、手荷物のお忘れなきようご注意ください。